テクノ・トレジャー備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS その後どうなったか<続>

<<   作成日時 : 2008/12/07 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだサイトの方は更新を再開する気が起きません。
番外編が思いの外ヘビーだったため、次はどうしようか…と考えているところです。

冬本番になってきたので取材も難しくなりました。
ガソリンの値段が急降下しても、同時にフトコロが寒くなったので手放しでは喜べません。
来年の生活どうなんのかしら。取材活動(旅行)も著しく出足が鈍りそうです。

さて、先週の続きです。
今度は安達口へ行きました。

画像

この日は北海道発ミャンマー向けの珍客が通るというので出動したのですが、雨の中時折雹が降るなど大変宜しくない天候でした。

画像

手入れしたのか勝手に枯れたのかは分かりませんが、蔓草が防護柵から一掃されており、見通しはかなり良好でした。

画像

トンネル巡回車基地の入口が少し下りたところにあります。
ここもかなり見えにくかった記憶がありますが、この日は楽に観察できました。

画像

で、トンネルの周囲には特に緩衝工の工事を示すものは無かったのですが、反対サイドに回ってみたところこのように荒れ地が整備されていました。

画像

そして、近くの道路脇には福島口で見たのとよく似た、謎のコンクリート基礎が造成中でした。
これは一体。

画像

ああ〜なるほど。
トンネル内における携帯電話の電波状況を改善するための施設のようです。
この情報はネットで検索したときにちらほら見つけてました。
単にLCXか何かを引くんだろうとか勝手に想像してましたが、割と大がかりな工事をするみたいですね。

画像

トンネル坑口との位置関係はこんな感じです。
緩衝工事自体の工事は安達口ではやらないようです(現時点では)。

おまけ。
画像

自分のいる場所が真っ暗で、郡山付近の上空が晴れという妙な光線状態の中でどういう写真が撮れるのかやってみました。
ロケーション的に列車撮影に不向きなのは見りゃ分かりますよね。
でもそういう場所で撮る方が面白い!と筆者は思うわけです。漱石。

画像

こういうのを「無茶振り」といいます。首を痛めます。
トンネルから飛び出すタイミングがさっぱり分からないので仕留まったのはこの1枚だけです。

画像

で、珍客というのはこれです。
松川にDC183系とかありえん…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
その後どうなったか<続> テクノ・トレジャー備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる