テクノ・トレジャー備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラの試し撮りその2 あとトンネル

<<   作成日時 : 2009/02/05 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回に引き続き、SX10の試し撮りをやっていました。
慣れるには場数を踏まないとですね。

今回も拡大画像は加工なしでお届けします。Exifも残してありますので参考にどうぞ。
但し画質はウェブリブログのサイズダウン機能を使っているため多少下がっているかも知れません。
(圧縮しないと1枚4MBくらいに)

先週土曜はかなりの悪天候で、みぞれ吹雪という感じでした。
画像

雪が雪として写ってくれるかどうか、を評価の材料にしています。
画像

そもそもロケーションが間違ってるわけですが…(苦笑)

画像

ちなみにこれまでマニュアルというのは滅多に使ったことがありませんでした。
こんな風に白が基調の車両だと飛んでしまうので、その辺うまく調節しないといかんですね。勉強します。

画像

うーん、うまく止まらない…

画像

ちょっと惜しい?
列車の速度が遅いので救われた感じです。

さて、被写体が新幹線とトンネル以外の写真は滅多に出ないのですが、夜の撮影のテストをかねて。
画像

これは昨晩の月です。20倍ズーム。
月って意外に明るいんですね。1/80で十分な露出が得られたので手持ちで撮りました。
うさぎさんやらクレーターやらがくっきりと。

あとはスーパーマクロモード。
画像

被写体はNゲージです。
このブログでNの写真を出すのは初めてですね。
ピントは最近購入したED75形700番台に合わせました。

私が最初に買ったデジカメはPowerShotA10だったのですが、マクロは15cm以上でしか撮れなかったので、先代のS2で0cm接写ができるようになったのは感動しました。
SX10のスーパーマクロも特に問題ないようですね。
画像

これはレンズぎりぎりまで近づけたものです。カメラ自身の影が邪魔ですが。

とりあえず一通り満足といったところです。後は動画か…。


さて本題に戻ります。

年末からあまり動きがないように思われた福島トンネル出口ですが、小変化がありました。
画像

以前基礎杭か何かの穴が等間隔に空いていると書きましたが、その上にコンクリートの基礎が作られました。
型枠が見えます。

画像

反対側に回り上り線方も撮影。
何カ所か鉄筋が見えます。手前の側溝にはフタが。

画像

下り線方をアップで。

画像

あと今更気づいたんですが、饋電線の吊架が変わってました。
要は奥側の架線柱の形態を手前に1本分ずらしたということです。
手前のビームは新品なのか輝いていました。

そういえば新車E5系のデザインが発表になりましたね。
FASTECHの塗装にピンクの帯を足したというところでしょうか。
でもあの角度によって色味が変わるマジョーラ(偏光塗装)は量産車ではどうでしょうねぇ…。手間掛かりそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラの試し撮りその2 あとトンネル テクノ・トレジャー備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる