テクノ・トレジャー備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は反対側のようです

<<   作成日時 : 2009/05/09 16:07   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

八甲田トンネルの取材結果を載せようと思ったのにまた事件でござる の巻。

まず3月中旬時点でどうだったかといいますと。

画像


福島口の延伸工事はかなり前から告知されていたのですが、こちらはこの時点でも音沙汰なしでした。

画像


目立った工事というとこの携帯電話基地局。
3月には既に稼働しており、これによって福島トンネル内でもケータイが問題なく使えるようになりました。

ただこの時緩衝工脇の更地にある変化が起きていました。

画像


ここは元々荒れ地で、基地局工事中は資材や車が置いてあったスペースでした。
単にそれを片付けたのかと思ったら何か打ち込まれておりまして。

画像


ヤード天バ?床付??
ヤードとはこの場合作業場のことですね。
天バは天端とも書きます。本サイトの記事中にトンネルの頂点あたりを指す言葉としても出てきますが、つまり何かのてっぺんのことです。

画像


杭は複数あり、傾斜した土地の下側にある物がどんどん長くなってました。
ということはここに水平の土台を作るようです。なんで?

画像


どんどん数を減らしている400系。
1本くらい登場時の塗装にならないでしょうかねー。そして200系の原色塗装と連結してラストランとか。ねーな。
なんせH編成(往年の「スーパーやまびこ」こと2階建て2両連結の16両編成)のお別れ運転さえやらなかったですし。
在来の方は最後にいろいろとやってくれるのですが。

画像


他方増殖するE3-2000。ジロリ…

閑話休題。

で、今日行ったら何か凄いことになってました。

画像


フォォォォォ!?
劇的な変化にちょっと吃驚。

画像


トンネル脇の道路は完全に通行止めにされ、鉄骨で構築されたヤードには大型クレーンが鎮座。

画像


架線柱一本分の延長があるようです。

画像


これも3月時点では存在しなかった工事内容の掲示板。
書いてあることは福島口と同じでした。

あー施工業者が同じだから同時に進めなかったのかな?と邪推。
福島口を片付けてから安達口を施工すると。

画像


こちら側は23m延伸するようです。
それにしても福島口と比べて圧倒的に恵まれない地形ですが、今後どのように進められるのか注目です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は反対側のようです テクノ・トレジャー備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる