テクノ・トレジャー備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS あの「とき」の話

<<   作成日時 : 2009/10/24 22:37   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

すっかりご無沙汰しておりました。

本サイトを更新せずに年を越しそうな勢いで、ブログもままならぬ状態となっておりました。
ちょっと仕事と模型の工作の方が詰まってまして、来年2月まではこの状況が続きます。
納期がある趣味もどうかと思いますが(^^;)

さて、昨日書くべき所を疲労で寝てしまったのですが、
新潟県中越地震から丸5年が経過しました。
営業中の新幹線が脱線するという前代未聞の出来事には戦慄を覚えたものです。


あの日から5年。
当時私はまだ大学生でしたが、その頃知り合った友人が新潟出身で、速攻で実家に帰ろうとしたが交通網が全滅ということで、他人事では無しに心配した記憶があります。

そしてその時私は何をやっていたのかと言いますと…
丁度いい機会なのでネタバレします。

当時お絵かき掲示板で絵を描いていた「ABLE」とは、私のことです。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


当時どんなコメントを付けたかは忘れてしまいました。

2ちゃんねるの臨時地震板に

1 :M7.74:04/10/26 17:00:55 ID:QTUjJCrK
(・○・)痛かったよう、でもお客さんにはけがさせなかったよ…

の神発言で始まる「上越新幹線とき号」というスレッドが建てられ、その後何とはなしに有志が応援掲示板とかお絵かき掲示板を開設していました。私はそこの一住人となっていたわけです。

驚くことにこのスレは5年経った今でも継続中のようです。
私自身は2ちゃんそのものを見なくなって3年くらい経つのですが、地震の時だけこの板を開きます。

(・○・)

簡潔にして、200系新幹線の愛くるしい顔を表現するのに必要十分なAAです。
なんか和みませんか。

当時のことを知らない方も多いと思いますので、ログを保存してくださっている所にリンクを張らせていただきます。

◇上越新幹線とき325号Flash◇

要するにただ絵を描いただけなんです。
現地に被災者支援活動に行ったり募金したりしたわけではありません。
でも、何かしらの形で微力でも応援したい、という思いはありました。


ネタバレと回想はこの辺にしておきます。

この地震の後、当該のとき325号に使用されたK25編成は、2005年3月25日(!)付けで廃車となりました。
その亡骸は、唯一の貴重な教材として、ここ福島県は白河市のJR東日本の訓練施設内に保存されています。

そして気づきにくいところに事故の教訓が生かされました。
画像


これは以前にもお見せした僚友K47編成の写真です。
その台車に注目しましょう。
暗くてよく分からないので加工しますと…
画像

青枠内、T状の金具が軸箱の下に取り付けられているのが分かります。
これが「脱線防止金具」です。
この金具はJR東日本の全ての新幹線車両に設置されました。

このほか、昨年の7月までに全線の高架橋耐震補強が完了しています。
また、上の脱線防止金具が引っ掛からないよう、主本線の継目板の進入側を斜めに削るなど、細かい対策が施されています(大宮−東京などの低速区間で眺めてみて下さい)。

唯一の、しかし一人の死傷者も出さなかった脱線事故は、今日の新幹線の安全により磨きを掛けるものとなったのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
200系K25編成の絵
テクノ・トレジャー備忘録様の『あの「とき」の話』。 中越地震の際、震源近くを高速走行中で脱線、転覆に到ったにも関わらず幸い死傷者出さずに済んだ200系K25編成絡みで色々作品が出てきていた内、味もあるけど車両の細かい特徴描かれたイラストが非常に印象に残っていたの.. ...続きを見る
E954&amp;E955 blog
2009/10/25 08:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの「とき」の話 テクノ・トレジャー備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる