テーマ:トンネル

間を空け過ぎました

すいません。とりあえず生きてはいます。 書き出しを「ご無沙汰です」と始めるのが何度も続いたので遂にどのように再開したらいいかすら分からず。 こういうのは継続するのをサボると途端に面倒になるものです。 この間、私事でバタバタとしており文章をクリエイトする時間も気力も無くなっておりました。 書くべき事は山のようにあるのですが…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

震災の記録【8】

今日は新幹線が仙台につながる前日のお話です。 -◇- 2011年4月24日 度重なる余震にも怯むことなく、東北新幹線の復旧工事は進められていきました。 4/25に福島-仙台、29には仙台-一ノ関をつなぎ、GW前に全線を復旧するという見通しが立てられていました。中の人(特に現場の)は「無茶言うな、モノには限度ってものが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【7】

2011年4月16日の章、3回目です。 -◇- 新幹線で福島駅に戻ってきた私は、その足で仙台に向かう事にしました。 〈新幹線リレー号〉に乗車するためです。 時刻表を見ると、私の乗ってきた9457Bに接続するのが10時55分発の9905M(列車名は〈臨時快速〉となっており、厳密には〈リレー号〉ではない。が、名前が違う理…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

震災の記録【6】

先週に続いて福島復旧のようすを。 -◇- 始発の列車だったのでまだ朝食を取っていません。 駅弁売りは再開していたので、K47編成に身を委ねながらゆっくりと食べることにします。 購入したのは「萬笑桃源」という弁当。 二段重ねになっていて、福島県内の名物が一通り味わえるという触れ込みです。 普段の旅行では旅先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【5】

ちょうど1年前のできごとです。 -◇- 2011/4/16 12日に福島復旧が成り、新幹線リレー号も走り始めたことで、東京と仙台は約1カ月ぶりに鉄路で結ばれることとなりました。 前回お世話になった那須塩原まで新幹線で往復し、返す刀で仙台までをリレー号で往復するというプランで出掛けることにしました。 鄙曇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【4】

先週の続きになります。 -◇- 2011/3/29 秋葉原に2泊し帰途につくことになりました。 帰りも那須塩原まで新幹線、その後はJRバス東北の高速バスで郡山へ直行する予定でした。 帰りに乗ったのは9557B〈なすの557号〉、E2系でした。 さてここからまたバスに延々乗ることになるわけですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【3】

続けます。 -◇- 2011/3/27 磐越西線が復旧し、前夜に石油輸送列車が出発したこの日。 私は出張のため東京へ行くことになりました。 東京など、新幹線ならものの1時間半。各駅停車だって2時間。10時代に着けば大体の用事は事足り、多くの出張は日帰りで済んでいました。 しかし、この時点で復旧していたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【2】

久々に文章を書いてすっきりしたので、立て続けにいきます。 -◇- 2011/3/13~18まで 正直この週はあまり記憶がありません。 会社の建物が大きく損傷(主に天井パネルの落下)し、その片付けと修復、機材の移動などで忙しかったこと、原発事故が深刻さを増し、放射線量とにらめっこしながらの業務が続いたことなど、緊張が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の記録【1】

東日本大震災から1年が経過しました。 この間、被災した各路線の復旧が進み、一方では新潟・福島豪雨で新たな被災路線が増え、つい先ごろ、2010年に土砂災害で不通となったままバス代行が続いていた岩泉線に廃止方針が示されるなど、鉄道と災害についてまさに激動の年でありました。 震災当日から今日まで、私の目にした「鉄道のある風景」。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上越新幹線中山トンネルの工事費に関する誤記の訂正とお詫び

非常にお恥ずかしい限りです。 本サイトの最重要コンテンツである、上越新幹線中山トンネルの工事費に関する記述に、「空前絶後の間違い」がありました。 しかも、当時建設に直接関わっておられた方から直々のご指摘を受け、初めて気づいたというありさまです。 詳細はサイトの方に書いてありますが、端的に言うと「大宮-水上間の工事費の総額と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新サイト公開

昨日中に完成させるはずだったのですが、作成ソフトの移行でレイアウトがガタガタになってしまい、直すのに相当の時間を要してしまいました。 というわけで、ようやくお披露目です。 新サイトのURL http://technotreasure.info/ 独自ドメインなのでシンプルなアドレスになりました(^-^) よく見ると…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Techno Treasureサイト移行作業中

本日中に新サイトを立ち上げるべく現在作業中です。 昨日をもって、Cool無料スペースに置いていたコンテンツの一部が使用不能となりました。 既にデータは引き上げ済みです。 またこの機会に、一部文章表現等の見直しを行うことにしました。 誤植が直っていない部分もあったりしますので全て読み返し、校正を入れます。 なお、ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断腸の思い…撮影場所と放射線量

無念です。 原発事故の後から大方予想はしていたのですが、あまりにも高い。 これまで当WebやBlogで紹介してきた新幹線の撮影場所における、放射線量のことです。 まだ県内のトンネルを全て調べたわけではありません。 その気力も起きません。 現状、次のような状況です。 ・和田トンネル郡山方の跨線橋上  空間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移転先が決まりました

Techno TreasureのWebサイトの移転先が決まりました。 現在移転先の登録が完了するのを待っている状況です。 新しいサイトは転送量無制限、空間も4GBあり、当分の間残り容量を気にする必要はなさそうです(^-^) コンテンツの移動が完了次第、この場でお知らせいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかえり、はやぶさ

祝 東北新幹線全線復旧 2011/4/29 延長500kmを超える範囲を1000箇所以上被災しながら、また度々強い余震に見舞われながら、見事に4月中の全線運転再開を成し遂げられたことに心からお祝い申し上げます。 同時に、この日をもって正式に青森-鹿児島が新幹線で繋がったことになります。 九州新幹線の開業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【急告】TechnoTreasureサイト一時閉鎖・移転のお知らせ

いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。 本日coolサービスの停止が楽天より通知されました。有料ドメインの終了は2012/5とのことですが、当方は入会が10月なので、期限の切れる9月末までしか存続できないこととなりました。 今後は別のWebスペースに移転することを検討しておりますが、すんなり引っ越しできるかどうか不透明で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線が戻ってきた!

ご無沙汰しております。 前回の投稿にはいつにも増して「ガッツ!」の気持玉を頂戴しました。 このような泡沫ブログを応援いただき、誠にありがとうございます。 あれから1ヶ月経ったわけですが、お陰様で一応、当方の生活は会社の修復も含めてほぼ元通りになりました。 食料やガソリンも、中通りの県北地域は供給が行き届くようになりま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル 開業記念レポート(4)

今日は急遽出張だったのですが、小山駅の架線事故の影響をまともに食らっててんやわんやでした(+_+) 閑話休題。八甲田トンネル特集の最終回です。 ◇屋形工区 前二回の調査で斜坑が閉塞されていること、コウモリの巣箱化していることは判明していました。 なので別に行く必要はなかったのですが、斜坑口周辺の経時変化を見てみたい気もし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル 開業記念レポート(3)

八甲田トンネルのレポート第三回です。 ◇大坪工区 これまで2回訪問し、2回とも工事中の門に通せんぼされていました。 あの緑色の門をそのまま本設置するのではないかと思ったほどです。 さてさて。 まぁ、そんなことはないか。 折紙斜坑のアプローチと同じ門扉が設置されておりました。 やはり何たる物かの標示は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル 開業記念レポート(2)

レポートの書き初め」は、前回に続き八甲田トンネルの2回目となります。 ◇折紙工区 みちのく有料道路の料金所付近から分かれる道路は、工事中は事実上立入禁止(前回調査時は許可を得て進入)でしたが、果たしてその後はどうなっているのか… 工事用道路の分岐点。 以前は正面の位置に大きな「八甲田トンネル折紙工区」の看板が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆謹賀新年☆

皆様あけましておめでとうございます。 旧年中はほぼブログのみ、それも途切れ途切れにしか更新することが出来ませんでした。 今年も仕事の方がしばらく片付きそうになく、4月頃からメインサイトの執筆が再開できればいいかなぁ、と思っております。 年頭にあたって、ひとつ申し上げます。 昨年の前半、特段に政治的な側面での発言を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル 開業記念レポート(1)

祝・東北新幹線全線開業! といきたいところでしたが。 開業初日に風で止まるとか、随分曰くのついた滑り出しになってしまいましたね。 (新幹線初走行の時East iが立往生したり…と、それは言わない約束か) では、既報の通り新青森方から八甲田トンネルの中間工区を見ていきます。 ◇梨ノ木工区(新青森方坑口) …は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル 開業記念レポート(扉)

ご無沙汰しております。 あっという間に師走になってしまいました。 12月4日、いよいよ東北新幹線が「全線開業」を迎えます。 あと一回は八甲田トンネルを取材しておきたいと思っておりましたが、図らずも先月それが叶いましたので、開業直前のレポートをお届けいたします。 仕事の方が実に洒落になってない状況なので、一日あたり写真数枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上越新幹線物語1979

だいぶご無沙汰しておりました。 今年の盆休みはどこへ行く予定もないので、少々の時間が取れました。 秋口には、開業直前の八甲田トンネル絡まりを調査したいところですが、なにぶん他の用事も詰まっており調整中です。 - さて、何か目新しい話題でもないかと関連キーワードを幾つかググっておりますと、どうやら中山トンネルに関する本…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東北新幹線福島トンネル 工事関連フロントページ

本サイトリンク用のまとめ記事です。 なお、日付は実工事のものではなく、当方が記事にした日付です。 <福島方> 工事看板建植(08/09/15) 工事現場整備中(08/09/21) 緩衝工基礎杭と携帯中継局準備工事(08/11/30) 基地局建物完成(09/1/12) 緩衝工基礎打ちと饋電線吊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線蔵王トンネルの現状(2)

続けます。 本サイトの十三章二節で紹介した、馬牛沼付近にある原工区の土捨場には、そこへ至る道路が私有地化されて行く術がないと申し上げました。 が、東北本線を挟んだ西側からアプローチすればどうやら近づけそうな雰囲気だったので行ってみました。 皮肉にも航空写真にすると存在の分かる道路(マップは粗すぎる)から脇にそれると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線蔵王トンネルの現状(1)

今回は、蔵王トンネルの現在の様子をお伝えします。 福島トンネルと同様に、緩衝工の延伸工事が実施されました。 なにぶんちょいと遠いので実況レポートすることはできませんでしたので、完成後のお話になります。 まずは仙台方坑口から。 蔵王トンネルは、両方の坑口が当初から微気圧波対策を考慮した形状となっており、コンクリート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調を崩しました(+_+)

今日は蔵王トンネルの緩衝工延伸について書こうと思ったのですが、このところの異常な寒さに体がついていけなかったようで、一日中寝込む羽目になってしまいました。 あす以降の平日中に少しずつ書ければと思っております。 とりあえず手ぶらも何ですので、取材時の写真を1つ飾っておきます。 この時はとてもいい天気だったんですけどね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線福島トンネル・東京方緩衝工工事まとめ

いつまでも書かないでいるうちに工事が終わってしまった、福島トンネル南口のレポートです。 まず昨年8月22日時点。 この時は絶賛組み上げ中の段階でした。 仮設ヤード全景。 土日は重機が入っている様子は見られず、部材は置いてあるものの静かな限りです。 ヤード左にV字型している部材は、おそらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線 和田トンネル(P)

せっかくなので土曜日撮ってきたばかりのネタでございます。 この週末はいい天気でした。 東北新幹線 和田トンネルは、福島-郡山間にある全長わずか400mのトンネルです。 東京起点230k194mにありますが、なぜこのトンネルを紹介したかと言いますと。。。 えー。何だこのロケーション。 珍しいアングルですよね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more