出てっちゃいました

前回お伝えした大物車シキ801B2の入線ですが、なんか今日の朝出発したようです。 平日でしかも事前に知っていた人がかなり少なかったとみえ、あまりギャラリーはいなかったとか何とか。 家族から聞いた話です。 私はフツーに仕事でした。 というわけで土曜に撮った写真でも晒しておきます。 左に入換機、すこし離れてシキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れないうちに

結局ここは梅雨明けしないで終わってしまったのですが、立秋を過ぎてからは晴天に恵まれています。 ちょっと模型の方で溶剤作業待ち&塗装待ちの物が溜まっていたので、週末はこれを処理するのに追われています。 文字だけですが忘れないうちにメモ。 ◇福島トンネル 福島口の緩衝工に干渉(おや…)していた旧架線柱のポールは、工事期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くて行けない場所(6)

まだまだ続きます。 ◇山陽新幹線◇ 小倉-博多 ○北九州トンネル(1015k325m・L=11,747m)(井堀・鞘ヶ谷・大谷) キロ程が1000km超になるのは国内ではとても珍しいことです。 厳密には一路線ではないですし、単一線区としては東北本線(盛岡-八戸三セク化以前)の732.9kmが最長でした。 ・井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くて行けない場所(5)・山陽新幹線新関門トンネル

今日は東海道・山陽新幹線で最長の新関門トンネルについて見ていきます。 ○新関門トンネル(992k911m・L=18,714m)(藤ヶ谷・火の山・和布刈・金山・奥田・桃山) 6斜坑が現役というのもなかなか凄いですね。 ・藤ヶ谷(斜) 本線左 このへんです。 1974年の航空写真では角度によっては坑口を見ること…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

えっ

記事を書いて投稿したら公開したことになっていなかったでござる どうなってんのこれ?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

遠くて行けない場所(4)

さあどんどん行きましょう。 ◇山陽新幹線◇ 広島-新岩国 ○五日市トンネル(832k656m・L=6,585m)(平良) このトンネルはちょっと難儀しました。 分かっているのは、斜坑は本線右・出口から約1.3kmだということです。 うーん、ここかなぁ…? 航空写真で見るとこの付近だけ土工されています…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

遠くて行けない場所(3)

航空写真が見れないとか色々ありまして間を空けてしまいましたが続けます。 その前に、(1)と(2)で紹介した情報の訂正です。 ○竹原トンネル ・竹原中央斜坑 入口の場所ですが、国土変遷アーカイブなどを色々見て回った結果 ここみたいです。 写真のほうは不鮮明ですが、何かありそうに見えますね。 というかYah…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

あれえー

困りました。 前回の更新の時から何となく繋がりにくいと思っていた国土交通省ウェブマッピングシステムが、全国的に閲覧できなくなってしまいました。 一時的なものだと思っていたのですが…。 この空中写真は、非常に高解像度・大縮尺で閲覧できるので場所の把握には打ってつけでした。 国土変遷アーカイブの方は年代や種類は豊富ですが、大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠くて行けない場所(2)

全然関係ない話ですが、 アッーお釜を掘られてしまいました。 朝の出勤途中、いつも渋滞する場所(油井の高架橋と言えば地元の人は分かる)で隣の車線からゴツン。 車の右後部は10センチくらい陥没しましたが中の人は双方共にケガ無く幸いでした。 多くは語りませんが、安全には気をつけましょう…。 私もこの趣味柄知らない道路をかなり走り…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

遠くて行けない場所

久々にトンネルの話をいたします。 目標としていた東北・上越新幹線の斜坑のあるトンネル調査は一通り完了しています。 補完取材とか、斜坑のない短いトンネル群の調査なども順次進めているところですが、これまでの内容からいくと北関東から上半分は何とかなりそう、といった感じです。 長野新幹線が実に微妙なところで、既開業区間はトンネルがバラ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

まさかの二連続特大貨物

最近他のことで手一杯でなかなか更新できずにおります。 本サイトに至っては遂に半年も放置してしまってます。何とかしないと…。 新ネタはじゃんじゃん上がってます。休日はなるべく外に出ようと方々へ出かけていることもあります。 ただ帰ってきてからの写真の編集とアップロード作業が辛くて辛くて(^^;;;) 友人曰く「君のは既にブログじ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松川発の特大貨物

いつもは新幹線ネタが大半を占める当ブログですが、今日は地元の駅についてご紹介します。 ここのところ、松川駅発の変圧器輸送が盛んです。 先月か先々月にもあり、2月にもありました。 5年くらいブランクのあった時期に比較すればかなりの高頻度ということになります。 で、その変圧器輸送は昨日(6/27)も実施されました。 その一部始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線暫定開業日

今年もこの日がやってきました。 思えばブログを立ち上げてからちょうど1周年です。 全体のアクセス数は21000PV少々となりました。 これからもニッチ&ディープなネタでちまちまとやっていきたいと思います。 さて、1年前に最初の写真として挙げた200系K47編成ですが、実は地元に住んでいながら、これまで一度も駅撮りで遭遇し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

近所の小トンネル特集

久しぶりに福島トンネル以外の近場の小トンネルに出向いてみました。 天気の変化が著しく、いきなりどす黒く曇ってザッと降ったかと思ったらカラッと晴れ上がったりで忙しい一日となりました。 上の写真は、第二粟須トンネル上の道路から撮影したものです。 200系の被写体はピンボケ率が異常に高く、きれいに撮れるなんて滅多になかっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北新幹線八甲田トンネル フロントページ

7回にわたって連載しました当記事ですが、早速多数のアクセスを頂き誠にありがとうございます。 数少ない主力記事となっておりますが、今後ログ流れ・トピック流れになってしまいますので、全てのページに順番にアクセスできるようこのページを作成しました。 もし本連載記事を外部から参照される場合は、こちらのページにリンクいただきますようお願い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八甲田トンネル(7)・最終回

一週間の連載もいよいよ最終回です。 今回は青森方坑口の梨ノ木工区、そして「おまけ」をお送りします。 -◇- 築木館から同じ道路へ戻り、西進して今度は駒込川を渡る手前で南へ入る。 まっすぐ上っていくと梨の木清掃工場に達する道である。 それは割とすんなり見つけられたのだが… 「発電所にご用のある方」ではな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

八甲田トンネル(6)

今回は5番目の築木工区です。 予定よりだいぶ遅い時間になってしまいましたが、日曜までに全7回終わらせないとスケジュール的に問題なので急ぎます。 -◇- みちのく有料道路を走破する。 そして折紙工区の現場前を細々と流れていたはずの野内川がそこそこの川幅になったところを渡り少し西へ。 間髪を入れず南に針路を取る。 目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田トンネル(5)

今回は折紙工区のレポートです。 昨日は帰宅が21時過ぎとなってしまい、ここ数日寝不足だったこともあって更新するのを諦めました。 さすがに毎日ブログを書くのはきっついですね(^^;) 連日のようにアップされている方もいて敬服いたしますが、そのバイタリティーとモチベーションはどこから湧いてくるのでしょうか。 昨日アップしなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田トンネル(4)

本日は3つめの大坪工区についてです。 ところで昨日の更新がなぜかブログサーチ等に反映されておりません。 これまでは更新後30分もすれば検索エンジンから見られたのですが。 フィードは公開している筈なんですけどねぇ…まぁいいか。 -◇- 屋形工区の現場跡からまた3.7kmを戻り、みちのく道路を西進する。 いくつかのト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田トンネル(3)

本日は入口側から2番目の「屋形工区」についてです。 なお、早速お詫びと訂正を。 (1)で「屋形」の読みを「やがた」としておりましたが、再度確認したところ「やかた」の誤りでした。申し訳ありません。 (1)の記述はこの更新に先立って修正しております。 -◇- みちのく有料道路の七戸側の入口となる、朱色のアーチ橋を過ぎてほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more